世界の学校から

風来坊が綴る、世界の教育現場のあれこれ

音読!目的を持ってするための仕掛け、みっけ!

日本語に限らず、言葉の学習には音読はとても有効だと言われて、日本でも海外でも宿題の典型である。

これまで経験則で必要とは思っていたけど、あんまりどうして?とまで考えてこなかった。

 五感のうち、目、耳、口を使うから、より頭に入りやすい?

 ある一定のスピードをクリアしないと、単語、文意をつかめない?

 語彙を文脈の中で覚えられる?

 語彙の綴りを覚えられる?

 

今回末っ子6歳が、こんな宿題をもらって帰ってきて、これは、上記の一つの目標

  一定のスピードをクリアする

というのに、イイ!と思った。

f:id:edu-kachan:20200206062853j:image

   一分間で何語読めるかを可視化する

のだ。目標は、1分間で全部読めるようになること。

聞いているとわかるのだが、やはりそれくらいの速さで読めないと、文意が自然に入っていかないのだ。

ただ、もっと早く読みなさいというより、こんな風に

  子供が自分で読みのスピードを確認できる

方が断然効果が上がる!!

 

日本語の音読の宿題を出すときも、ただ、何回読むとか、

  こなすことを重視するのではなく、目的をはっきりさせて

到達を可視化したい!

 

f:id:edu-kachan:20200206062839j:image

 

余談だが、フランス語は漢字がなくて、アルファベット26個だけ覚えればいいからラクと思われるが、

  フォニックス(アルファベットの組み合わせで作られる音のルール)

がある。

娘の音読を見ていると、

  フォニックスの知識と語彙の知識

の両方を総動員して一生懸命読んでいるのがわかる。

  語彙を知っていれば、フォニックスに頼らなくてもすらっと読めるし、

  知らない語彙でも、フォニックスを考えて発音して新しい語彙を習得したり、

  文脈から想像したり

できる。

何よりも繰り返し音読することで、フォニックスの知識をすんなりと出すスピードが増してくる。

漢字も同じだよなぁ…やっぱ音読は大事。

漢検に挑む④~ゴールはどこか?

「ママー、僕天才になったかも!5分で20個くらい、一気に漢字を覚えられた!」

と満面の笑顔を見せた昨日の息子。

本当に覚えたり、持っている知識を応用したりするのがうまくなったなと思う。

この1か月くらい、漢検を目指してコツコツ漢字に向かい合った成果!

その嬉しそうな表情に私もニンマリ。

  漢検受験の私の目標達成!!

実際のテストは、この日曜日で、合格圏内ようやく入ったくらいの息子なので、合格の可否は正直危ういと思っている。

でも、私が目指しているところは、

  年に一度集中して漢字を勉強すること

バイリンガルの子供はほんとうに隙間時間にぽつぽつやるので、実力もつきにくいし、達成感も持てない。なので、漢検特訓を通して、

  本人が達成感をもてた

のなら、私にとってはもう結果はどうでもいいのだ。まあ、本人は結果出したいと思っているだろうけど。

 

…と、息子は私的にはうまくいったと思っているのだけど、本人に全面的に任せた長女中3は…トホホ。

 

1週間前に全然点が上がらないことにぶち切れて、

「受験料お小遣いから払うから、もうやめさせて!」と。

こうなることは予想されていたので(笑)

  受けることを決めたのは自分

  目的は受かることではなくて、それに向けて勉強すること

と、突き放してみたり、

  他の勉強の仕方を提案

するなど、サポートしてみたり…、すったもんだを繰り返してる(笑)

この子は漢字とは違う何かに挑んでいるような~。

中学に入るときに日本を続けるかどうかは自分で選べせ、高校に入るときには、全面的に口出しをしないといったのだけど…。どうなるやら。

 

漢検に挑む③~音訓ソング×ミチムラ式カードの結果

5回目の過去問で99/200だった小6息子。

これまでの経験だと、この辺からぐっと上がってくるはずなのに…と焦り始めて、取った対策がこれ。

  音訓ソング×ミチムラ式カード

edu-kachan.hatenablog.com

結果。

  132点⇒134点⇒166点

と推移し、ようやく、おととい合格圏内(160点)に入った~

 

で、これから挑戦する方のヒントになればと思って、二つを使ってみた感想をシェア。

実をいうと、音訓ソングもミチムラ式カードも、学校で新出漢字を7-8個ずつ毎週習ってきて、それに付随して短文づくりや小テストをする息子の生活スタイルに、これまでどちらも取り込みにくかった。

理由は、

  お目当ての漢字をすぐ検索できない。

  もっと覚えることが増える感じがするらしく嫌がる。

でも、今回使ってみて、

  復習に使うのには最適

理由は、

  学年ごとに分かれていて、ゴールが見えやすい。

  語彙数も増すし、漢字のもつ意味を理解しやすい。

 

音訓ソングのいいところは…

  独特のリズムが楽しい

  絵が語彙理解を助ける

  音訓を575の調子でそれなりの意味がある文で学べる

  20個ずつまとめられているので、コツコツできる

  

残念なのは…

  アクセントが変なこと

おそらく、独特の調子を作るためにそうしている?のだろうけど、海外育ちでそもそも正しいアクセントを知らない子供たちは間違えて覚える可能性大。

 

ミチムラ式のいいところは…

  「漢字のタイトル」と「唱え方」が裏表になっている

  覚えにくい漢字ほど、「唱え方」は参考になる

  選び抜かれた漢語の「漢字タイトル」

  同音異義漢字が載っている

  フラッシュカード式で操作性が〇

 

「漢字のタイトル」と「唱え方」が裏表になっている


f:id:edu-kachan:20200213100858j:image

f:id:edu-kachan:20200213100837j:image


漢字学習の難しさ、「書き」と「読み」を両方一気に解決してくれる教材はやはり素晴らしい。日本在住のなら、これ一本で行けるとも思う。(海外の子には絵がやはり必要!)

 

覚えにくい漢字ほど、「唱え方」は参考になる

唱えにくい字はやはり子供も覚えにくい。唱え方を全部覚えさせようという発想ではなく、復習でどうしても覚えられない漢字だけは唱え方を見るという風にしたのが〇!

f:id:edu-kachan:20200213101024j:image

 

選び抜かれた漢語の「漢字タイトル」

f:id:edu-kachan:20200213101109j:image

使用頻度や同音異義語を配慮して選び抜かれた漢字タイトル。

うちの息子は、音訓ソングの後に取り組んだにもかかわらず、いくつか知らない言葉に出会っていた。いきなり、これを覚えろと言われたら、拒否していたと思うけど、漢字の持つイメージをほぼ理解していたので、語彙習得のいい機会になっていたように感じた。

 

同音異義漢字が載っている

f:id:edu-kachan:20200213101138j:image

息子はズルに使っていた(笑)

「ここに書いてある漢字以外のザイということだから…」と。

「あ、ズルじゃん、それ。」と突っ込みながらも、

「ざいさんで使われるザイという読み方の漢字。財産っておかねとか家とか持っているもの。昔のお金は貝だったよね、だから貝という字が入っているよ。これ以上は言えないなぁ」

みたいにもっていくと、いい感じだった。

 

フラッシュカード式で操作性が〇

できた漢字とできない漢字を分けて、できない漢字のみ、繰り返し復習した。

その枚数が目に見えて減っていくのが、やはりうれしかった様子。

f:id:edu-kachan:20200213101157j:image

 音訓ソングの後もこれだけ書けない数があった!先に復習して正解!

 

というわけで、個人的には、

  音訓ソングで読みを完璧に

  ⇒ミチムラ式で書き、新しい語彙増、同音意義漢字へというステップ

がよかったと思っている。

 

音訓ソング、今回は復習だったけど、

  予習にも使える

学年はじまる前にダァーとやって、読みだけはできる状態で学校の授業に臨むと楽かもしれない。

 

ミチムラ式は、奥が深い。

  子供が飛びつくような仕掛けはない

ので、親も先生も

  漢字の躓きの原因を分けて考えて、上手に使わないと

宝の持ち腐れになってしまうと思った。

 

これがなかなか難しいので、こんな研究会をやっています!↓

あれ、最後なんか、我田引水~

www.learnjapanonline.com

漢検に挑む②~親の上手な関わり方のコツ

漢検やバイリンガル育児に限ったことではないけれど、

  親のサポートは大事。

でも、これが言うは易し~なのだ。

コツは、 

  ちょっとだけ親が関わること

  そのタイミングの大切さ

 

意外と多いパターンは、塾でも公文式に通わせて安心して、

  やらせっぱなし

あるいは、させても、答えを教えて、

  繰り返し練習させるだけ

で、何に躓いているのかまで、考えたり考えさせたりしないこと。

あるいは、その真逆でずっとそばにいて、

  親が介入しすぎ

て親と子供が分離不可能な「親子丼」状態になり、子供が自ら伸びる芽を横からチョキチョキ切ってしまっているパターン。

 

べったりとくっついているのではなく、

  要所要所で子供のつまずきを見つけて、説明したり励ましたりする事

は意外と難しい。

 

私がうまいかと言えば、それは反省することも多いのだけど、漢検での私のかかわり方を紹介したいと思う。

 

はい、只今、息子は新しい戦略で漢検に挑んでいる最中。

edu-kachan.hatenablog.com

 

で、ステップ1で音訓ソングで読みの復習場面の話。

 

  ①音訓ソングを2-3回音ありで聞く(自分)

  ②音なしでテストする(私登場)

  ③すっと読み方が入らなかった漢字を小さいホワイトボードに書き出す(私登場)

  ④次の日の朝の1分、ホワイトボード緒復習を促し、読めたら消す(私登場) 

  ⑤応用が利くコメントをする(私登場) 

 

本当は、⑤以外は一人でやってほしい(笑)

うまくルーティンが作り、こちらが忙しいと一人でやっていることもある。

でも、まだまだ私のナッジ(肘つき)が必要。

 

⑤のコメントは例えばこんなこと。

「持久走」の字が読みがわからない息子に、私がしたアドバイス。

  形声文字の仕組みを教えること

 

f:id:edu-kachan:20200201145817j:plain

形声文字は意味記号と音記号の組み合わせ

 

「てへん」と「寺」を写真のように分けてあげて、「てへん」は意味記号、「寺」は音記号であることを教える。

「寺の音読み何?」

「時間は何て読む?」

といった発問を繰り返しながら「ジ」のを音を引き出し、「寺」という記号があれば、その漢字は「ジ」と読む可能性が高いという風に、

  一つの漢字の読みに終わらずに汎用性を高めるような声掛け

を心掛けている。

 

⑤は、私が教師だからできることかもしれない。でも、しようと心がければ、親でもできることはたくさんあると思う。私自身も、

www.learnjapanonline.com

の研究会に参加して、メンバーの発言や取り組みにヒントをもらって、日々進化していると感じる。この研究会のおかげで、自分の日々の声掛けに厚みが出たのが、嬉しい!

 

日仏学校比較~入学説明会の巻

ダブルスクールをさせていただく公立の小学校の学校説明会に昨日行ってきた。

小1に入る末っ子のためだ。

 

改めて次の3点で全然違うなぁと思った。

  ①開催時期

  ②説明内容

  ③資料の出し方

 

①開催時期

日本 ⇒ 学校が始まる前。(しかも、1ヵ月以上前!)

フランス ⇒ 学校が始まってから1、2週間して。


フランスの新学年は、9月からスタートする。その前2ヶ月はバカンスで、先生もまるまる休みだ。先生たちが集まるのは学校執行日の3日位前なので、当然、説明会を開くような状況にない。

子供も親も、1、2週間は説明がないままなので、何が何だかよくわからないまま過ぎていく。当然、学校の中がはちゃめちゃだろうから、この2週間はほぼ学習できる状態にないということになる。

  子供の時間の有効活用

  子供の不安を和らげる

という意味でも、これは日本式のほうが絶対いいと思う。

 

②内容

昨日の話の中で、フランスでは絶対に言われない内容を列挙してみた。

  傘は自分で閉められるように練習しておく。

  男の子はトイレの時にお尻を出さないように小ができるように。

  文房具はキャラクターなしにして欲しい。

  立ったままで靴の脱ぎ着ができるように練習すること。 
給食停止期間にはお弁当をお願いするが…

  持ってきた弁当は冷暗室で保管、悪戯されないように鍵をかけておく。

  お弁当について、子供同士が揶揄しあわないように指導する。

 

細かいーーー!!!!

フランスでは、各家庭の自由に任せてあったり、問題が出る前に対処しようって気も最初からない。

その他、当たり前だけど、あっていいなと思った内容は

  欠席のときの連絡の仕方

この連絡って、基本中の基本だと思うのだけれども、毎年フランスでほとんど先生側から出て来なくて、親からの質問で答えるパタンが多くてびっくりする。

 

  一度で全体に説明したほうが効率がいいことがある

  事前にトラブルを予防するに越したことはない

と考えると、日本式の方がいいのかもしれないが、フランス式でも結局は

  大きなトラブルにはならない

  子供も親もが臨機応変に動いたり、自律して動く

ので、私はフランス式にして、もっと先生に楽してほしい。

 

③資料

日本 ⇒ ほとんどが紙の媒体でワンサカ出てきた。

フランス ⇒ パワポで説明。必要なら各自メモ。もしくは、資料すらない。

 

先生たちの時間の効率化のためにも、もう紙の媒体はいらないと思う。

繰り返し聞かれないために紙の媒体で渡すのだろうけれども、

  結局紙の管理ができない人は繰り返し聞いてくる

  紙で配ろうとすると誤字脱字等のチェックですごく時間がかかってしまう

から。

でも、フランスの場合はやはり説明が足りなくて、意思疎通がうまくいってないことが多いので、これは微妙。フランスは、その辺はすべて

  自己責任

の一言で突っぱねるんだけど…。

日本では、丁寧な先生はすごく評価されるので、先生たち頑張っちゃう。だけど、それがどんどん先生の仕事を増やしてしまう。普通の先生でフランスに比べれば、あり得ないほど丁寧だということに気づいてほしいなぁ。

 

因みに、フランスの学校説明会の話は、前に少し書いたので、気持ちを楽にしたい日本の先生は、合わせてお読みください。

edu-kachan.hatenablog.com

 

 

 

漢検に挑む!~音訓ソング×ミチムラ式カード

小6の息子、年に一度の漢検特訓の時期を迎えている。

ま、一応、私が受けたほうがいいと思うわけ

  年に一度、集中して漢字を勉強する時期があるといい

  受かるか受からないかではなく、一字でも多く覚えればいい

を説明して、本人に最終決定権はあげている。

けど、少なからず、圧力は感じているだろうし、夫から賄賂が流れているという話もある(笑)

が、何はともあれ、約3週間後の本番に向けて特訓中だ。

 

で、これまでは、単純に過去問を解いて、直しをしてという、

  何の工夫もない、正攻法(笑)

 


f:id:edu-kachan:20200129123646j:image

f:id:edu-kachan:20200129123707j:image

 

でも、大体、過去問3回目あたりまで横でテコ入れしてあげると、4回目くらいから点数がぐんと上がり、合格圏内に入ってくるので、後は本人に任せておけば勝手にやるというのが、これまでのやり方だった。

が、なぜか、今回は難しくなったせいか、5回をやっても全然合格には程遠い。

何とかサポートせねば次はない!

(やはり落ちると次は受けないだろうなというが私の予想)と焦りだしていた私。

と、ちょうどいいタイミングで、

www.learnjapanonline.com

 

のメンバーと昨日会って、ヒントをもらった。

  ミチムラカードを使って復習してから、過去問の方がイイ!

確かに!

一字一字もろくに読めない、書けない状態で、いろいろな漢語が出てきても、途方に暮れる。

彼女は、本当にごくごく自然に

  スモールステップ

で子供を導くのがうまい。

 

ミチムラ式は、日常に練りこんではいるものの、カードは持っていき方を失敗して、息子にはそっぽを向かれたまま放置されている。そういえば、メンバーから紹介された「音訓ソング」も使えるんじゃない?と思い出し、戦略を立て直した。

 

ミチムラカード

kanji.cloud

 

音訓ソング 小1~中学生まであります!

www.youtube.com

 

私の考えた戦略。

① 音訓ソングで読みをクリア

  1日、20個~40個ずつ。

  五七五のリズムを字を読みながら聞く。

  音なしで画面に合わせて言えたら合格。

② ミチムラ式で「漢字タイトル」を見て、字を書く。

  1日、20個~40個ずつ。

 過去問に再度チャレンジ

  2回分⇒直し

 

昨日、マルチリンガル漢字指導法研究会のメンバーの彼女からもらったヒント。

  スモールステップ

  短時間に集中

  モジュールで取り組む

  できたことは二度やらない

を頭に入れながら、やってみる!

 

今日、息子が帰ってきたら、まず提案。

因みに中3の娘も4級にチャレンジ中。彼女には、もう口出しせず。でも、多分息子のを横目で見ているはず。

乞うご期待!結果報告(笑)

 

 

東京ふらっとお出かけ~武蔵野プレイス

www.learnjapanonline.com

のご縁で、何度かZOOMでお会いしていたメンバーと直接会おうという話になり、彼女が選んでくれた場所がここ。

 

matome.naver.jp

 

「なんとなく、ただお茶って言うよりこういう方が好きなんじゃないかなぁと思って」

と、会って最初の彼女最初の言葉。

  よ、読まれてる!

しかも、行ってみて、全くもって私の好みで2度びっくり。

教え方が、1人の子供に超カスタマイズしているのは、これまでの研究会のやり取りでわかっていたけれども、私にまでカスタマイズしてくださるとは! 感激!

センスですねぇ~こういうのは。

 

話す内容も、興味がありすぎて、図書館の本にも食いつきたいだけど、それは次回にと思って、3時間半しゃべり倒してしまいました。

ぜひ、1人でも、親子でもまた行きたいので、簡単にレポート。

中央線沿いに住んでいる方、ふらっと出かけるのにも、がっつり仕事・勉強するのにもお勧めです。

 

何気にエコな本立てで、気に入ってしまった。

f:id:edu-kachan:20200129060239j:image

 

雑誌もレパートリーが…しかも、外国語の雑誌も!

f:id:edu-kachan:20200129060309j:image

 

生憎の大雨だったのだけど、それでも吹き抜けから差し込む光で解放感抜群!

 

f:id:edu-kachan:20200129060155j:image

 

子供の絵本コーナーがかわいくて、子供も手に取りやすくて、ゆったりの作りが最高。

f:id:edu-kachan:20200129060259j:image

 

図書館のど真ん中にあるカフェ

f:id:edu-kachan:20200129060328j:image

私が頼んだのは期間限定のルーマニアのスープ

f:id:edu-kachan:20200129060322j:image

 

写真は撮れなかったけど、

有料(4時間400円)のワーキングスペース(フリーwifi付き!)

卓球台!

などもあり、ほんと一日家族で思い思いの場で過ごしたい!

これが、公立の図書館だなんて、信じられない。

彼女が言うには、武蔵野市は無茶苦茶進んでいて、市議会員の半数は早くから女性だとか。

 

彼女から学んだこともいっぱい!それはまた次の記事で!